職種と審査の関係

職種と審査の関係

キャッシングの審査を受ける場合、転職直後というのは、実はあまり有利な状態ではありません。たとえその転職がステップアップのためのもので、役職や給料が上がっていたとしても、審査の段階で収入が不安定な状態であると判断されてしまう傾向が強いのです。

 

ですから、仮に転職を希望しているのであれば、現在の勤務先を辞めてしまう前にキャッシングに申し込みをしてしまうことをオススメします。また、転職や勤続年数同様、職種も審査に影響します。公務員であれば、よほど信用情報機関にトラブル履歴が登録されていない限り、収入も安定していると判断されて審査に通りやすくなります。

 

また、公務員同様、大企業に勤めているほうが審査に有利となりますから、そのような与信が高くなりそうな職種に就いている方であれば、本人確認書類として提出する身分証明書はなるべく健康保険証にしましょう。

 

健康保険証は勤め先が記入してありますし、勤続年数が分かる資格取得年月日も記入してありますから、収入が安定しているという証明ができて、キャッシング会社から高い評価を受けて歓迎されることでしょう。そして、審査に通った後も、提示される利用限度額が増す可能性が高くなります。

 

大手プロミスで借りる場合にも、限度額の増額が可能です。契約機でも案内がされているので、気になる方はプロミス旭川市で借りるを見てみると良いでしょう。